{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/9

【正統派彫刻表札】|井波彫刻|書道家藤井碧峰×彫刻士山﨑新介|天然銘木

40,000円から60,000円

送料についてはこちら

  • 1字(お名前の字数)

    ¥40,000

  • 2字(お名前の字数)

    ¥45,000

  • 3字(お名前の字数)

    ¥50,000

  • 4字(お名前の字数)

    ¥55,000

  • 5字(お名前の字数)

    ¥60,000

書道家藤井碧峰がお客様のオーダーに合わせて手書きした字を、富山が世界に誇る彫刻の街、南砺市井波の彫刻士山﨑新介氏が彫る表札です。 古き良きものを愛する正統派の書の職人と彫刻職人による、徹底的にこだわり抜いた彫刻表札を是非味わってください。 【山崎新介 略歴】 昭和42年7月 愛知県西尾市に生まれる 昭和61年 富山県立高岡工芸高等学校 デザイン科卒業 昭和61年 二代目南部白雲(故) に師事 平成4年 独立 一級井波木彫刻士/ 井波彫刻伝統工芸士 獅子頭、天狗面、曳山修理等、祭礼に関する仕事多数。 作品は一期一会のものとして、表情のある、生きた彫刻を目指している。 【山崎新介より】 今回の彫刻表札においては藤井碧峰氏の字を手掛けることになり、非常に繊細であり、生命感、立体感がある字であるが故に、木彫刻士としても彫り方を色々と検討しました。 例えば字全体を凹面に彫った表札では、誰にでも分かりやすい彫刻を作れますが、それでは氏の字の特徴が逆に弱まってしまうと感じました。 当方ではかまぼこ彫り(内に膨らむ彫り)にすることで、より繊細な彫りが可能になり、藤井碧峰氏の字の持つ力を損わず、品良く、字の持つエネルギー(勢い)、流れ、立体感、味わいを表現できるように彫刻しました。 時が経っても、その力が薄れる事がないのも、かまぼこ彫りの魅力とも言えます。 ヒノキでもケヤキでも彫ることはできますが、ケヤキの方が硬いため少し深く彫ることができます。 一方で材質的にはヒノキの方が月日を重ねると味わいが増すと感じているため、それぞれの方のお好みで木をお選びいただき、変化も楽しんでいただけると幸いです。 【藤井碧峰より】 起業時より願っていた、地元富山の井波彫刻の彫刻士と組んでの彫刻表札が実現しました。 私の字は繊細過ぎるが故に、これまで目にしてきた手彫りの表札では良さが失われる気がして、実現が不可能なように思っていました。 そんななかで出逢った山﨑新介氏は、書への関心が深くあることに加え、細部まで徹底的にこだわる点は当然ながら、表情のある、生きた彫刻を目指している点など、工芸作家として多く共感できることがあることから信頼し、この表札の制作へと繋がりました。 実際に出来上がった彫刻表札は、彫刻ならではの立体感があり、手触り感もある奥ゆかしい一品となりました。 一般的な彫刻表札に比べて主張が控えめなところにも狙いがあり、あくまでも私の正統派の字を最大限に活かせる彫り方として、言わば藤井碧峰の書と山﨑新介氏の彫りの最大公約数と言える表札です。 【制作の流れ】 (1)字数によって商品価格が変動しますので、ご依頼される字数に合わせて決済をお願いいたします。 ※6字以上の場合は事前にお問い合わせをお願いいたします。 ※制作が始まってからの書体が気に入らない等の理由でのキャンセル希望、返金は一切受け付けませんので要注意です。   (2)ご希望の商品仕様を備考欄に記載。 ・材料(ヒノキorケヤキ) ・表札に書くお名前 ・書体(楷書・行書・隷書)とその雰囲気(他表札イメージの「織田信長」風など) 【手書き表札、彫刻表札書体ギャラリー( https://original-sho.com/blog/japanese-calligraphy/hyosatsu/11766/ )】の中のお好みの字をお伝えください ・その他ご要望 記載の仕方が分からない場合等はメール([email protected])にてお伝えください。 (3)作成した草稿(書く字のイメージ)を画像にて送り、お客様に確認していただきます。 (複数パターンの場合はその中から選んでいただきます) (4)選ばれた字を彫刻し、墨入れします。その後クリアー塗装にて表面加工をします。 その後、梱包し発送いたします。 といった流れで、全体としては納品までに3~4週間ほどお時間を頂きます。 お客様とのやり取りの中で最も良いものを作り上げていくため、メールでのやり取りが必要となりますのでご了承ください。 ・材料 木曽檜(ヒノキ)、欅(ケヤキ) ・サイズ(多少の大きさの違いがありますのでご了承ください) 214 x 90 x 44 (mm) 【よくある質問】 ・注文の前にどんな字になるか見たいので見せて頂けますか? →書くこと自体が技術なのでその対応はできません。サンプル画像を確認頂いたうえで「この人にお願いしたい」「この人になら任せられる」と感じた方のみご依頼くださいますようお願いいたします。 なお、ご入金後のキャンセルは対応できません。 ・木に直接書いて墨は消えませんか? →耐候性に優れた木材揮毫用の墨液を使用しております。通常の墨より滲みにくく、字の黒が引き立つ点でも優れております。また揮毫後に表面加工をしているので外に飾っていただけます。しかし、時間の経過とともに木材の色は変化しますし、雨ざらしの環境等での耐久性を保証するものではございません。 ・側款(表札横の「碧峰書」)は彫らないのですか? →いわゆる”サイン”として書いておりますので、側款は書いたままの状態としております。 なお山﨑新介氏の側款はご本人の意向で入りません。

セール中のアイテム